Q & A

在宅秘書ラボに寄せられる、「よくあるご質問」
紹介いたします。

q

在宅秘書のメリット・デメリットは?

a

最大の強みは設備や大きな人件費をかけることなく、戦力となるスタッフを雇ったり、自社だけのリモートチームを形成できることです。在宅勤務のため、オフィスで肩を並べることはできませんが、自社の理念や風土に合わせてスタッフを教育できる点においても、在宅秘書を選ばれる経営者が増えています。

q

どんな人が在宅秘書を希望していますか?

a

会社員時代の経験を生かして働きたいという女性たちで、仕事への意欲が高いという特徴があります。

q

在宅秘書にはどんなことを依頼できますか?

a

事務全般、秘書業務、サポート業務を依頼されるケースがほとんどです。

q

契約形態はどうなっていますか?

a

秘書と直接ご契約いただきます。業務委託契約、もしくはパート・アルバイト契約など雇用契約のどちらでも結構です。契約書の雛型や就業ルールをご提供していますが、どちらのパターンもご用意しています。

q

最低契約時間などの決まりはありますか?

a

特にありません。ヒアリング時にぜひご希望をお知らせ下さい。その上で、より多くの応募が見込める募集要項をご提案させていただきます。